穂の河 本文へジャンプ
穂の河 会社概要 店舗案内 人材募集 御問い合せ

 北新地 穂の河 玉利 伸幸 店長より
 


 

 将来の夢、料理が好きで日本料理の世界に入ったものの、迷い不安を持っている人達なら穂の河でこんなお店もあるんだと知ってもらいたいと思います。
穂の河では旬の魚、野菜などで食材をどのように活かすか調理法を研究し、お客様へ提供しております。
しかし、一番大切な事は、「スタッフ」
チームワークを持って仕事のやりやすい環境創りを大切にしています。
スタッフ一同、元気な挨拶と笑顔でお客様をお迎えするようにがんばっています。

内海社長に師事して23年

 川口 晃司 店長より

  北新地 穂の河の店長になり三年が過ぎましたが、まだまだ未熟者です。料理のみならず、スタッフをまとめ、お客様への対応など日々勉強させてもらっています。一番に考えることは、お客様に満足していただき、もう一度足を運んでもらえるようにするには何が必要かということです。今の私には元気な挨拶と笑顔でお迎えし、活気溢れたお店になるよう精一杯努力してまいります。

内海社長に師事して14年

浅野 和範 料理長より

伝統の和食のこころを大切に、お客様が「穂の河」での食事を愉しんでいただけるようなお店づくりを目指しています。

内海社長に師事して21年

 中之島 穂の河   中島 心 店長より


 

 日々、従業員達との意思疎通を大切にし、常に若い人たちの声を聞き、妥協しない仕事を自負しています。
 穂の河では店舗毎に特徴をもっており、仕込みの量も豊富です。より多くの経験を通して技術が習得でき、早く仕事を覚えられるお店です。
 和食の厳しい修業を乗り越え、今の自分が成長できたと思います。これからの人達にも厳しい修業がまっていますが、「穂の河」での修業は長い人生において重要な意味をもつ幾年かになるでしょう。
 一人の料理人として常に心がけていることは、お客様が日本料理を食べに行こうと思われた時、「穂の河」にしようと言っていただけるお店を目指して日々努力をしています。

内海社長に師事して23年 
 BAR HOPE  伊藤 賢治 店長より
 

 お客様から「おすすめのカクテルを下さい。」といわれた時がバーテンダーの技量が試される時です。男性・女性ならこのカクテルがお好きだろうとか、今の季節のフルーツをベースにとかおすすめしたい飲み物があってもそこはじっと我慢します。こちらの思い込みだけでおすすめしても、お客様の好みと必ずしも一致しないことが多々あります。お客様のお好みを聞き出し、今何をお召し上がりになりたいのか探り出します。甘め、あっさり、炭酸は大丈夫かなど確かめながらおすすめカクテルのレシピを作り出します。ただ、ここでしつこく野暮にならないように心がけています。出来上がったカクテルを一口味わった後に「美味しい!」の言葉を漏らされた時は自然とこちらも口元がゆるんできます。 
 カクテルのレシピは無限の数ほどありますが、それらを全て作れるようになったところで、お客様には満足していただけないと思います。同じお酒の分量で同じようにお作りしても、作り手の技量により味が変わるといわれます。お客様に美味しく味わっていただくために何が必要かを日々勉強させていただいています。

2009年2月 穂の河入社


 Copyright (C)2015 Honokawa Corporation.All Right Reserved